AED

AEDの普及であなたも人命救助が可能になります

AED(自動体外式除細動器)は、ガイドに沿って操作するだけで
突然の心停止から命を救える装置です。
南西医療器では、学校、ホテル、空港、スポーツジムなど様々な場所への
設置を行っています。一人でも多くの方にAED の使用方法を知っていただき、
有事の際にはAED を使用していただけるように
定期的な講習会なども開催し、普及に努めています。

あなたが救える命が
そこにあるかもしれない

あなたが救える命がそこにあるかもしれない
  • AEDとは?
    AEDとは、突然の心停止から命を救うための装置です。痙攣した心臓に電気ショックを与え、正常な状態に戻します。
  • 年間約3万人が心臓突然死に
    日本では、年間約3万人の方に心停止が発生し、その救命率は5%にも達しません。その一番の原因が救命措置の遅れであると言われています。
  • AEDで格段に上がる生存率
    心停止が発生してから2~3分以内にAEDを使用すれば、70~80%という高い確率で救命に成功すると言われています。

AEDの使い方How to use

  • 手順①
    救急隊に連絡し、AEDの電源を入れます。パッドに描かれている絵の位置に装着します。
  • 手順②
    自動的に心電図の解析を行い、ショックが必要と判断されたら、ショックボタンを押します。
  • 手順③
    胸骨圧迫を行い、倒れている人に反応が現れるか救急隊が到着するまで手順①②を繰り返します。

南西医療器では、AEDを沖縄県内約1000箇所に設置し、その普及に努めております。