睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

CPAP装置による、睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策。レンタルの情報をお届けいたします。

-

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

SAS(睡眠時無呼吸症候群)
日本国内で、500万人以上の潜在患者がいると言われています。 睡眠時無呼吸症候群は、肥満、小顎症、先天的な要因などによって、睡眠中に気道(鼻や喉)が狭くなり、呼吸が弱くなったり、止まってしまう症状のことを言います。
弱い呼吸や呼吸の止まった状態は体内の酸素を不足させ、循環器系、呼吸器系に影響を与えることで、

  • 昼間の強い眠気(居眠り運転)
  • 目覚めが悪い
  • 疲労感
  • 血圧の上昇
  • 精神的不安定
  • 夜間、何度もトイレに行く
  • 集中力の低下

といった様々な症状が表れ、やがては身体に様々な機能障害(高血圧、不整脈、心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病)を引き起こす原因になるとも言われています。
上の症状に心当たりのある方は、まずは検査で症状を正しく認識し、早期治療・対策を行うことが重要です。
睡眠時無呼吸症候群はすでに治療法が確立されており、正しい治療を受けることで日常問題なく生活できます。

情報提供:フジレスピロニクス社

CPAP療法

人工呼吸器(SAS/CPAP装置)レンタルマスクを介して気道内に空気を送り込みます。
陽圧をかけながら、気道を閉じないよ うに呼吸を行うので、睡眠時の無呼吸が改善されます。
閉塞型睡眠時無呼吸症候群の患者さんに対し最も有効な治療法です。

( REMstar Auto Mシリーズ)
南西医療器 医療情報

商品についてのご質問、詳細については、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ
南西医療器 医療情報
前へ 次へ
-
-